大工学生

大学受験に特化した仕組み

東京の医学部予備校はたくさんありますが、最近の医学部予備校は昔の予備校と少し趣きが異なります。昔の医学部予備校は、ある程度医学部に専門的でしたが、そこまで徹底した専門的な内容ではありませんでした。ところが最近は、一つの大学に徹底した模擬試験やクラス編成など、特定の医学部のための予備校なども存在しています。有名な大学の医学部は、その大学受験のためのクラスなどがあるぐらいです。このように徹底している点は大きな特徴といえるでしょう。

個別指導などもある

昔の東京の医学部予備校といえば、先生一人が教壇に立ち、生徒が数百人いるような大きな空間で授業をしていました。しかし最近は少子化の影響により、そのような仕組みを維持することが難しくなっています。そこで最近考え出されたのは、個別対応になります。昔のようにたくさんの人を集めて授業をするのではなく、最近はマンツーマン指導や少人数制などが受け入れられてきています。これは、価値観が多様化したことにも理由があるでしょう。

カウンセラーなどが存在する

東京の医学部予備校では、医学部だけあり浪人生も少なくありません。導入すると、高校生活でも大学生活でもなく、ちょうどどこにも属していない状態が続きます。そのため、ある程度目標が明確にあったとしても、よほど精神的に強くなければ途中で気が抜けてやる気がなくなることも考えられるでしょう。そこで、予備校側が用意したのはカウンセラーです。カウンセラーをつけることで、より勉強に対するモチベーションを上げることができるようになりました。

同じクラスで競争ができる

東京の医学部予備校では、特定の大学に向けてのクラスが編成されることもあり、そのクラスにいる人は全員ライバルになります。ただライバルでありながら、単に競争するだけでなく仲間意識を持ちながら合格を目指す人たちともいえるでしょう。同じクラスの人が勉強しているのだから、自分も勉強しないわけにはいかないという気持ちになり、結果的にだらだらと予備校生活を過ごすよりもはるかに良い結果を出すことが可能になっています。それ以外には、予備校に寮などがあります。遠くから来ている生徒のために学生寮が用意されており、そこに1年間滞在しながら勉強する仕組みです。東西部屋の中にはテレビなどは一切なく、勉強に集中できる空間になっているでしょう。勉強に集中できる空間をなっていると、成績も伸びやすくなり、良い結果が生まれやすいといえます。食事なども学生寮で出してくれるため、安心です。

広告募集中